• 2014.12.27 Saturday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • - -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

近況的な何か。
たまには更新しないとw

【KOF】
KOF02UMは、たまぁにやってます。
いろんな精度が下がってますがまあ練習してないので仕方ないかな。
リョウで2P側で 遠B>QM一撃 ができねぇw
まあちょっと練習すれば戻るんだろうけど。
研究してないし対戦も少なく、新しい知識も技術もないので当然進歩ナシ。

でもやっぱ通常技牽制ちゃんと振ってる時は、「ああそうだこれこれw」って感じで調子良いかな。

適当にジャンプぶっ込んでパチンコプレイするのもまあ楽しい。
でもそんだけまじでw





【バイク】
今年あんま乗ってないw
春から新しい車両に乗り換えるかも・・・?
車両が出れば、だけど。





【楽器】
あれこれ試しつつ。
そろそろ楽器をオーバーホールしたい。
夢見るギター少年(笑)としては、やっぱりディストーションをあれこれ試す。
新しい機材をどうこうとかではなくて、ProRAX G.D.Pのプリイコライザが中域パラメトリックなので、
Xpressionのパラメトリックイコライザをポストイコライジングとして、あれこれ試す感じ。
キャビを慣らせる環境が安易に手に入るのが田舎の良いところで、ギター用のキャビで「まあまあやな」って音
であっても、たまの気まぐれでベース用キャビを慣らしてみてガッカリしたり。

一般的に、ギター用キャビは特殊と言われます。中域寄りなので。
一方ベース用アンプやキャビは、キーボードのモニタアンプとして使われたりするので、モノによりけりとは言え、
特性はギター用キャビに比べてフラットと言えるでしょう。
 キャビから出る音が最終出力、かつ、マイキングやバンドの中での音がどうかな、とは考えているつもりですが、
上記キャビ特性を踏まえると、キャビに入るシグナルとしてはコントロールできてないなという結論。
 キャビの特性を実感したことで、ギタリストが真空管のパワーアンプを使いたがる感覚も実感を持ってきました。
 但し、車でガタガタさせながら機材を運搬している現状を考えると、真空管のパワーアンプ使う気になれませんw
高いし維持も面倒。これはもう実用という意味で仕方ないかなw

とりあえず先日録音したテイクを受け取って、聴いてみて、それから考えようかな。

あーあと、演奏中、笑顔で客にサービス的なプロみたいなマネできんことがわかったw
やってみようと試みたら手元が疎かになってヘロヘロだったw
エディ・ヴァンヘイレンすげぇよwww

結果、毎度の如く、愛想の悪いギタリストの称号を守ったのでした。
まあいいけどね。
根室弾丸ツーリング。
片道約450辧一泊二日で根室に行きました。
僕はCBR250Fで、他の参加マシンは

BMW/R1200RT
kawasaki/GPZ900R
HONDA/CBR900RR fireblade

あと型番不明(すまんw)の

HONDAのクルーザータイプ
ハーレー

でした。
はい、僕以外全部大型でした。僕以外の最小排気量がホンダのクルーザータイプ600ccでした。

道東にはまだ行ったことがなく、途中、美幌峠ですとか、根室入りする時の海の見える景色ですとか、結構な感動があったのです。
しかし、日程に余裕がなく、苦行の如く全部素通りw

日程に余裕がなく、というか、毎回根室ツーリングはこんな感じらしいw

しかし個人的にはいろいろ分かったツーリングでした。
長時間乗るからこそ、身体がガタガタになって、どこに無駄な力が入っているか身を以て知りましたw
それから、排気量差ってこういうことなんだ、っていう感覚。
要は加速、つまりトルクでラクできるかどうかっていうところと・・・振動ですねw

SSリッタークラスのマルチでも、回転数レッドゾーンは一万台前半といったところなのに対し、CBR250Fのレッドゾーンは17,000rpmっていうような大きな差がある上に、同じペースで走ろうとすれば当然、排気量の小さい方が平均回転数は大きくなるわけですよね。

両手にマメは仕方ないと思いますが、右手親指のグリップに接する箇所が初日に痛くなったのは、振動を受け続けながらゲンコツ気味な握り方で巡航・ブリッピングを繰り返していたせいでしょう。

また、左肩間接付近が痛くなったのは、クラッチを握る時、腕を突っ張るように無駄な力を入れてしまっているから、のようです。
これはちょっと修正に時間かかりそうです。
対処療法として、二日目=帰りは、シフトアップはできるだけクラッチレスに切り替えて耐えましたw
でもクラッチレスで完璧なシフトアップができればクラッチを使ったシフトアップも無駄なくできるようになる気がしますので、悪くない練習になったのではと思います。

さて・・・ボチボチ、バイクをショップに冬期保管に入れないと・・・。
眠らせている間にカスタマイズ予定。

そして来春は、気になるバイクの現車を見に行くツーリングをメインに、大型免許取得予定。

現状の候補は、

Suzuki/SV1000S
Suzuki/TL1000R
Ducati/SS1000DS
Aprilia/RSV-mille
Aprilia/SL1000 falco

あたりでしょうか。
見事にVツインですw
状態の良いものが見つかればそれに飛びつくような気がしています・・・。

ではまた。
ステップ換装。
 CBR250Fの純正ステップが見た目も気になるほどボロボロだったので、換装しました。

最初はMADMAXのHONDA向け汎用品のやっすいやつを注文してトライしたのですが、合わずw
適応車種にちゃんとCBR250R(MC17)って記載があったのにw

クレームやら面倒なのでブチギレて中古のMC17純正ステップを、ステーごと購入。

MC14とMC17では、リアがそれぞれドラムブレーキ・ディスクブレーキの違いがありますので、
右側ステップがステーごと換装できるかわからず(多分できない・・・?)、今回はステップバーのみ換装することにしました。

しかし固着が進んでいてハンマーの出番w

なんとか換装して、いざ乗ってみるとわかったのですが、右側ステップの角度が少しおかしい・・・。

よく見ると、MC14とMC17ではステップステーのリアブレーキ用ピボットの位置が若干違い、
MC14のステーにMC17のステップバーを付けるとこの部分が干渉して若干浮いた角度になってしまうようですね。

そこまで気になるほど角度が変わってしまうわけではありませんが、スポーツ走行するにはちょっとね・・・って感じ?

明日晴れたらショップに相談に行ってみようかなぁ・・・。





来年大型免許取得するつもりですが、新しいバイクへ乗り換えるより、250Fと二台所持にしようかなという方に傾いています。
どうせ下取りでも二束三文なのはわかりきっているし、二台持ちになると怖がらずにサブマシンに自分で手を入れられるので、自身の整備経験値を稼ぐ意味でもね。
車検もかかりませんから年間二千円の税金と自賠責、任意保険くらいで済みますしねw

現状の任意保険が、車両保険のつかない安いものなので、次マシンを車両保険付けた任意保険にするのもまあ可能かな。
四輪車は、今のところの感覚では、ちゃんと走ってくれればなんでもいいしw





今後は、このテの更新をする時のために写真をマメに撮っておこうかなw
ではまた。
そろそろ。
  復活しましょうかね。

一日10アクセスくらいは最低でもあるのは02UMの検索でたまたま訪れた人でしょうかね。

近況としては、

〕縦蠶未螢丱ぅが趣味になりました。
楽器ボチボチ再開します。


,砲弔い董

CBR250Fというバイクに乗っています。
人気の出た'87年CBR250R(MC17)の前の型='86年MC14ですね。
2000台だか限定生産されたスペシャルエディション。

といっても違いは、

限定色・アンダーカウル付・special editionのロゴ付

くらいですけどもね。



古いマシンですから、250ccで45psです。
リアがドラムブレーキなのがオシイとか、フロントがデュアルディスクではあるけれども対向ではなく片押し2ポットキャリパー×2であるとか、細かくはあれこれありますが、回せば楽しいエンジンだし、見た目も好きなので気に入っています。
あんまり奇麗にしてないけど・・・。

最新のクォーターモデル程ではありませんが、それでも回すエンジンでリッター20匆鴫鵑蕕覆い里杷拡颪楼くないと思います。あくまで年式にしては、ですがw

ただやっぱり、実際に乗ってみて、足回りがもうちょっと・・・とか、古い年式故に、特にゴムパーツが劣化している・不安だ、しかし純正パーツが出ない・・・などなど、不満が出てきますね。

自分であれこれいじれるのなら、それも楽しみの一つでしょうが、現状、賃貸住宅でガレージも工具もなく、といった状態では厳しいですね・・・。

それでも最低でも来シーズンいっぱいは乗る予定です。
来シーズンは、大型免許を取得しつつ、気になっているバイクの実車を見に行くツーリング主体にしようかなw



△砲弔い董

ぼちぼちギター練習しようかなといったところ。
何年かぶりにレスポールを開封して、痛み具合に泣きそうになりました。
すまんのう・・・。

あと某中古屋のジャンクコーナーで

Lexicon LXP-15II

を一万そこそこで買いましたw
バッチリ動きますw ガリもなくw

こいつを導入したことによって、想定していたシステムではなくなりましたが、プリやディストーションユニットが年代の古いものだったので、結果的に古いもので音は決まりましたねw

あとはMIDIコンがあればとりあえずはなんとかシステム組めますが、フットコン自体が高いという・・・。
というのも、プリとディストーションユニットがMIDI制御できないフットスイッチなので、これを一括で制御するとなると、RolandのFC-300くらいしか選択肢がない。

或いはGIZMOというテもあるけれど、現状がGT6でMIDI制御であることを考えると、更にGIZMOを導入するくらいなら、値段的にもFC-300を買った方が効率が良い。

まあ、パワーアンプがないんですけどね今w
ラックに組み込めるパワーディストリビューターも必要だし、最低限のシステムをラックで完結させるだけで10万超えた出費になりそうです・・・。

とりあえずはGT6だけでバンド練習こなして、追々、ラックを組み上げていこうかなw
ラック完成したらGT6売っぱらおうw







さて、因みにKOFはアーケードで全くプレイしておりませんw
ただ、KOF13がPC版で出る(出た?)ようなので、これまた金のかかる話、パソコンを組み換えたらKOF13は始めようと思っていますw
ネット対戦は・・・身内としかしませんね多分。

02UMやりたくなったらゲーセン行こうと思います。
或いは13でコンボ覚えたら行こうかな・・・?w

ではまた。
引越。
北海道民になりました^q^

恐らく、ゲオディノス札幌中央がホームゲーセンになるでしょう。
というかネシカ以外で02UMがプレイできるゲーセンをここ以外知りませんw

ちょっと住むところからは距離がありますが、少なくともしばらくは札幌と行ったり来たりの生活になると思われますので、ちょくちょくは寄ると思います。

ただ、週末わざわざ行くか・・・となるとちょっとわかりませんねw

ガッツリ対戦できるとわかっている日なら行くでしょうけどね。

PS3でも買って、できるゲームを増やすというのが現実的なところになるのでしょうが、02UMをやりたいんだよなぁw
バイバイ!みんな!
 http://www.youtube.com/watch?v=AI9j8uAL1To
今後。
更新率が低いながらも当ブログ、コンスタントに毎日最低でも10アクセスはあるんですよね。
ありがたい話ですが、恐らく02UMでリョウの関係をググったら上位に出るからというのが大きいような気がしますw

個人的には引越やらゴチャゴチャあるわけですが、一応は続けて行こうと思います。不特定多数に向けてというよりは身内向けなつもりですけどね。

今後は


・KOF関連記事のカテゴリを細分化しつつチマチマ更新
・バイク関連について(予定)
・楽器関連について(予定)


ってところでしょうかね。

あーそうだ。

a-cho月一KOF大会“Katza-Garden”(風庭=かざにわ)

が、主に僕の個人的な都合のために、一応3月をもって最終回となることもあって、先日、風庭常連でもあり対戦仲間でもある友人達と呑みに行き、サプライズでプレゼントを頂きました。
それも一人ひとりからw

いやぁ・・・僕だけでやってきた大会ではありませんし恐縮至極ですが、嬉しいものですね。
嬉しいの一言・・・。

残念さんの期待に添えるように、引越先で最低室温が更新されたらツイッターででも報告申し上げようと思いますw





さて、僕が関西に居る間に参加するKOFのイベントは、

02/08fri:Katza-Garden 2on2 in寝屋川ABC 直前配信(なかなか上達しない俺たちの聖戦配信)
02/09sat:てりーまん生放送
02/10sun:Katza-Garden 2on2 in寝屋川ABC
02/13wed:火九のgdgdラジオ KOF02UM(a-cho配信対戦会)

くらいでしょうか。
くらいとかいってかなりハードスケジュールですがw
まあ、引っ越したらそうそうKOFのイベントになぞ参加できなくなるでしょうから、後悔しないようにできるだけ参加しておこうと思います。

特に、

火九のgdgdラジオ KOF02UM@a-cho

は、普段のa-choの02UM人口が多くない上に平日であるため、配信する筐体画面がデモにならないかとガクブルですw
Ustreamに録画も残りますので、自分の対戦を後で客観的に見直したいだとか、「俺様の華麗なプレイを魅せてやるゼ!」という人、どしどし参加下さい。参加費や事前登録などは必要ありませんので!

ではまたの機会に。
【02UMリョウ】:画面端前転狩背面疾風拳と上下段受>疾風拳について 追記
デュエルの動画で 大御所先生 vs u五段 の試合がありましたね。

その中でリョウの屈C下段受けに

K'でGCCD>クイックAB

を通している場面が出てきます。
これ、リョウ側が下段受けに弱強疾風拳を入れ込んでおけば、全キャラに対してダメージのない一段目がヒットします。

画面端なら一・三段目ヒットが殆どで、追撃までいけます。
尚、画面中央だと一段目しかヒットせずアブナイのですが、一応一段目にSCorMCは可能です。

と、ここまでは知っていたわけです。

よくよく考えてみたらこれで、全キャラ調べては、いなかったのですね。
面倒なので以前の記事で“難しい或いは不可能っぽい”としておいたキャラのみ調べました。

結果、

・アンディ
・ウィップ
(・チン)
・シャンフェイ

に対しては画面端密着でも疾風拳が一段目ヒットしかしません。
チンを括弧にしてあるのは、そもそも画面端密着でチンに対して上下段受けでGCCDが取れない=CHを貰うためです。
ちょい離れればGCCD自体を取ることは可能ですが、これだとやはりクイックABに対して疾風拳が一段目ヒットしかしません。





GCCD>クイックABに対して
上下段受>疾風拳

だと、どんな状況でもフレームが一緒なので、かなり信頼の置けるデータですよね。
よって、画面端背面疾風拳が不可能なキャラは上記4キャラと覚えておけば問題ないでしょう。

但し、仕込や連係でちゃんとヒットさせるのが難しいキャラは、そこそこ居ますということでw
要は、

「背面デカそうなキャラには、使ってもよさそう」

っていうところで実践値としてはまとめるしかないでしょうねw
【02UMリョウ】:上下段受入れ込み疾風拳
疾風拳ヒットから最速一撃必殺が届かないキャラって以前リスト化しましたっけ?
自分のパソコンにtxtデータが見あたらないんですがw

ということでGCCDに対する上下段受>疾風拳からの最速一撃必殺が届かないキャラ一覧です。


【未着GCCD上下段受→疾風→最速一撃が届かないキャラ】
・表裏ロバート・ユリ
・アテナ・ケンスウ
・レオナ(かなり遠目でないと取れない故/弱から歩く猶予アリ)・ラルフ(かなり遠目でないと取れない故/弱から歩く猶予アリ)・クラーク
・シェルミー(そもそも疾風とすれ違う)・表裏クリス
・フォクシー
・舞

※密着でGCCDが取れないキャラは取れる距離で調べ



以上ですが、連係での疾風拳から最速一撃必殺が届かないキャラも上記キャラであると覚えておけば良いでしょう。逆でも良いですが。

因みに、弱強疾風拳どちらでも結果は同じですが、強疾風拳の方が弱攻撃一発分くらいダメージが高いのです。

上記、最速一撃必殺が届かないキャラには歩き一撃必殺か、弱疾風拳からダッシュ遠A>一撃必殺などにすれば良いのですが、強疾風拳から歩き一撃必殺に自信がなければ、

弱疾風拳→ダッシュ遠A>一撃必殺

が、

強疾風拳→(歩き)一撃必殺

と同等のダメージです。


それから、山崎相手には画面端密着以外では上下段受でGCCDの無効化が可能かつ、画面端密着ではリョウの近DによってGCCDを空振させることができます。


上下段受に疾風拳を入れ込んでいることが多いのなんて、僕くらいだとは思いますが、弱疾風拳か強疾風拳どちらにするかは、相手キャラや、追撃のしやすさによって変えればいいんでない? というような内容なのでした。
【Katza-Garden】:Final count down
二年前の2/19に対戦会というかたちで初めてa-choでイベントを行い、
どこぞやの掲示板で身内が

「カッザガーデンいきます」

とか言い出したのをきっかけにギャグで「Katza-Garden」と名付け、
6月からナンバリングを始め、そのうち自然に「風庭」(かざにわ)の愛称でも呼ばれるようになったa-cho月一KOF大会。

それも来年3月で終了です。

運営プレイヤーとしては、大したこともしてませんので、特別、やり遂げた!というような類の感慨があるような訳でもないのですが、
自分が02UMプレイヤーであるが故に、或いは現状の98無印のプレイヤーの状況の難しさからも、レギュラータイトルでありながら98無印については参加者を集めたり、積極的にアクションを起こすに至らなかったのは反省点ではあります。

02UMについては、自分自身もプレイヤーですから、大会を広めるためという名目もあって、三国を始め、個人的にも良き対戦仲間をつくることができました。満足です。

やりたいゲームの楽しみを共有したい点は、大会運営者としてもプレイヤーとしても共通するところで、そういった意味合いでは、02UMについては或程度、自然なかたちで行えてきたかなと思います。





しかし大会・対戦会運営というのは難しいものですね。
自分もプレイヤーですから気持がわかるところではあるのですが、02UMで、主に大阪モンテカルロを拠点にしているプレイヤー達は、大会が終わるとa-choからさっさとモンテに引き上げて身内と対戦、ということがよくあるわけですね。

モンテの02UMは対戦水準がそこそこ高いが故、或いは交通の利便性、身内のコミュニティなどが出来上がっているために起こることかと思います。

乱暴な表現をすると、

「a-choでパンピー相手に野試合するよりモンテ戻って身内と対戦した方がええわw」

ということですね。
a-choで開催してきた大会は、関西の強豪プレイヤーが一堂に会す、というものでもなく、幅広い層のプレイヤーが参加します。そこでは筐体数の制限などは否応なく存在し、また、強いプレイヤーは、より強いプレイヤーを求めますから、まあ・・・残念ながら仕方のない部分ではあると思いますね。

実際問題、a-choの02UMは人口が多いわけでもなく、水準が高いわけでもなく、プレイヤー同士で明るく楽しくやっているわけでもなく、個人的には、大会を続けていくことで、変わっていけばいいな、と思っていたことでもあるが故に、大会が終わるとすぐプレイヤーが帰ってしまうのは残念に思います。気持はわかりますけどねw

あとは、a-choで大会をやっている手前、a-choで野試合やって50円落としていって欲しい、という側面もありますw

そうはいっても、02UMについては、大会や僕との個人的な交流もあって、a-choに来るようになってくれた・帰ってきてくれた、大会に来てくれるようになったプレイヤーも何人か居ます。
続けて来て無駄ではなかったと思いますし、殆ど満足しています。

98については、現状の全国的な環境の厳しさなどと相まって力不足であったと反省せざるを得ませんが、そういった中でa-choの98勢がDuelで準優勝してくれたのは、お門違いかもしれませんが嬉しかったし、何より、先日のa-cho大会の入賞コメントで、あの無口でクールなニール氏が

「カッザガーデンのおかげでデュエル頑張れました」

というようなコメントをさりげなく残してくれたのを知って、嬉しかったし、無駄ではなかったんだなと安心することができました。


万人が楽しめる大会であったとは言えないかもしれませんが、機会や場を提供することで、少しは前向きな何かの手助けには、なったかなと思います。





さて、残すところ三回。
これが終わって、a-choでKOFのイベントがなくなってしまうのか、或いは僕ではない誰かが新しくa-choでKOFのイベントを開催していくのか、それはわかりませんが、とにかく、楽しくゲームできたらいいですよね。ほんとそれだけw
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.